疲れ目の対策方法とは?

近年では、パソコンやタブレット端末、スマートフォンなどが普及しており、画面を見ることも多いため、目を酷使することで疲れ目になる方もいます。また、仕事などで細かい作業などをして、目を集中して使う場合や、自動車などの乗り物の運転などで、疲れ目になる場合もあるでしょう。
疲れ目が続いてしまうと、目の奥などに疲れが溜まり、眼精疲労になってしまうこともあります。目の痛み、充血などの症状がでたり、酷い場合には、肩こりや頭痛などにもなることがあるでしょう。
そのような状態にならないために、日頃から疲れ目対策を行うようにしましょう。まずは、目を酷使しない生活環境を整える事が大切です。目が疲れるような作業や、画面などを長時間見ないで過ごせるようにすることも重要です。しかし、仕事などどうしても作業として行わなければならず、画面などを見る必要がある場合には、作業の合間に休憩を入れて、少し目を休めることも大切です。目を癒すためには、遠くの景色を眺めたり、こめかみや目の周辺にあるツボを刺激して、マッサージをすることも、目の周辺の筋肉の緊張をほぐし、また、血行をよくすることになるため、ある程度、疲れ目にも効果が期待できるでしょう。また、市販されている疲れ目対策のグッズなどを買って、使ってみるのもいいでしょう。その他にも、蒸しタオルなどを使い、目の周辺を温めることも、目の疲れを取るためには、有効な手段です。しかし、目の状態が充血などを起こしている場合には、温めてしまうと、充血が悪化することもあるので、そのような場合には、少し冷やすほうがいいケースもあります。
自分の目の状態を把握して、適切な対策をすることが大切です。また、自宅では、リラックスできる環境も必要です。目に力が入り、常に緊張状態が続いてしまうと、目の周辺の筋肉がこり固まってしまい、目の痛みや肩のこり、頭痛などになることもあります。お風呂に入り、全身の血流をよくすることや、筋肉の緊張をほぐし、リラックス状態になることで、これも目の疲れをとる効果が期待できるでしょう。また、お風呂あがりの筋肉が適度にほぐれた状態で、マッサージを行うと効果が向上するといわれています。目の疲れや肩のこり、また頭痛を予防するために、お風呂あがりには適度なマッサージを行い、筋肉の緊張をほぐしていきましょう。
また、目の疲れを取るためには、睡眠も重要です。しっかりと睡眠時間を確保し、夜更かしなどをせずに快適な目覚めができるように、しっかりと睡眠を取りましょう。

目の疲れには、
ふるさと青汁という健康食品も効果的だそうです!

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

疲れ目の対策方法とは? への1件のフィードバック

  1. Mr WordPress のコメント:

    これはコメントです。
    コメントを削除するには、ログインして投稿編集画面でコメントを表示してください。編集または削除するオプションが用意されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です