疲れ目は温める?冷やす?

目の疲れはつらい症状ですが、慢性化もしやすいので、初期のうちにしっかり改善をしておきたいところです。
パソコンやスマートフォンなどの使用時間を抑える、遠くを眺める、ストレッチや目を回す運動などお摂りいれてみましょう。
目の乾燥がひどいときは目薬で目を潤すという方法も即効性が期待できます。

このほかでは目の疲れを手軽に摂る方法としては、目を温める、もしくは冷やすという方法があり、どちらが効果的なのかも気になるところです。

冷たいタオルなどで目を冷やすことは気持ちがよく、目の疲れに良さそうなイメージもありますが、疲れ目の場合は目の周りの血行も悪くなってしますし、目のまわりの筋肉も緊張していますので、温めることは有効です。

目を温める方法としては、お風呂で全身の血行を促進させるにも有効です。適度な湿気もありますので、お風呂場はドライアイの改善にも役立ちます。体を温めながら目の周りのマッサージを行ったり、ツボを押すことも血行改善に役立ちます。

普段のお手入れとしては蒸しタオルも有効です。蒸しタオルはタオルを水で搾って、電子レンジで温めるなどで簡単に用意できますので、普段の目のケアに取りいれてみてはいかがでしょうか。
目の周囲の血流が改善され、緊張がほぐれますし、こちらも湿気を与えることにつながりますので、目の乾燥を和らげるのにも役立ちます。

この場合も温度が高すぎたり、あまりに長時間行うことは低温やけどが起きてしまうこともありますので、温度や時間は適正に保ちましょう。

最近では目を温めることが眼精疲労の改善に役立つということが知られていますが、充血などの炎症がある場合は冷やすことも効果的です。このときもあまりに長時間冷やすことは血行が悪くなることにもつながりますので、短時間にとどめておくことがおすすめです。目に熱を感じる場合なども冷やすケアは有効です。
目を温めるケアの最後に冷やすケアを加えるなど合わせて行うこともおすすめです。

そして目を閉じて休めることも大事ですので、アイマスクなども活用してみることもおすすめです。アイマスクをつけると光が遮断されますので、目の疲れの解消に役立ちますし、目をしっかり休めたいときに有効な方法です。

アイマスクは単純に光を遮るタイプでも良いですが、冷蔵庫で冷やして冷アイマスクにできるものもありますし、電子レンジなどで温めてホットアイマスクにできる商品もありますので、そうしたアイテムも活用してみてはいかがでしょうか。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です