疲れ目の原因とは?

パソコンやスマホを長時間操作すると疲れ目になります。そのような眼精疲労が蓄積するとドライアイから始まり、頭痛や肩こりの原因につながります。パソコンやスマホや生活の必需品であり、疲れ目は深刻な生活習慣病であると言えます。
疲れ目の対策をするには、その原因を知る必要があります。ますはディスプレイ表面の反射光です。パソコンのモニターー画面にはグレアパネルと言って光沢を持つものがあります。色鮮やかな表示が実現でき動画鑑賞などに適していますが、外光を反射しやすい特性を持つため、画面に背後の物体が映り込むことなどによって、目のピントがズレて目が疲れます。この場合、ノングレアタイプのディスプレイを用いるか、反射を抑えるフィルムを貼る対策が有効です。
その次に、ディスプレイだけでなくスマホも発するブルーライトです。LEDバックライト搭載の液晶ディスプレイは人の目に見える光(可視光)の中でも紫外線に近い波長を持つ光でエネルギーが高い(つまり、白が青っぽく見える)ものが多く、他のディスプレイよりブルーライトを強く発します。その場合ディスプレイに用いられる色温度を下げればブルーライトの低減ができますが、画像や色彩の扱いがメインとなるクリエイティブな作業には支障が出ます。画面の色が赤から黄色っぽくなり、色の再現性が落ちるからです。さらには、ブルーライトは散乱しやすい特性があり、ピントを合わせようと目の筋肉を使います。
3つ目は作業環境です。部屋の明るさやディスプレイまでの距離によっては目を酷使することになります。また室内が乾燥すると、目の潤いが喪失することでドライアイになり、目にダメージを与えます。作業環境が悪い状態で長時間ディスプレイを見つめる作業をすると、眼球が長時間同じ位置で動きがない状態が続くことになり、結果として外眼筋が疲労を起こします。、また、水晶体の厚さを調節してピントを合わせるための毛様体筋も、一定距離でピントを合わせることで緊張状態になります。肩こり同様、目の筋肉も凝るのです。さらに、長時間の作業に関わらず休憩を怠ったり睡眠不足になると、血行の悪化もあり、目を構成している視細胞に必要な栄養素が行き渡らなくなります。それにより細胞の代謝が低下し、眼精疲労を回復しづらくなる悪循環に陥ってしまいます。
このようにディスプレイを使う仕事をVDT作業といい、これにより引き起こされる心身の不調をVDT症候群と呼びます。厚生労働省は「VDT作業における労働衛生環境管理のためのガイドライン」を定めて作業者の健康への配慮を求めています。慢性化しないように自分の目は自分で守りましょう。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です